1月いきいきサロン

 1月のいきいきサロンは、『人生すごろく大会』を開催。新年最初のいきいきサロンは、社協特製の「人生すごろく」で1年の運だめしをしながら、皆さんに大笑いしていただこうと、毎年開催しています。

 すごろくは、職業や家族構成を決め、止まったマスで収入や支出、賭け事での大勝負など繰り返し、最終的な所持金の額で順位を競います。

 職業には、南茅部にちなんで漁業部や病院、ホテルなどの社長やアルバイトを設定。くじを引き、社長になって給料30万円をもらい大喜びする人もいれば、アルバイトで5万円とわかるとがっかりする人など、皆さんスタートから大忙し。

 さらに、時事ネタを取り入れたマスでは、「ハロウィンでバカ騒ぎし、軽トラをひっくり返して現行犯逮捕。保釈金10万円払う」や「北海道地震発生。早く元気になってくださいと義援金10万円届けられる」など、お金の出し入れにも大忙しでした。

 また、「腰痛が治る魔法の布団だという話を信じて高級羽毛布団を買う」というマスに止まると、職員扮する営業マンが座布団を待って近づき、10万円を請求すると、「布団なんていらないよ!」と言いながら、渋々支払う姿に皆さん大笑い。他にも、職員とのじゃんけん対決で、勝って所持金を倍にしたり、負けて半分にしてしまったりと、皆さん大盛り上がりでした。

 最後の順位発表の際には、自分たちの所持金や順位がわかる度に驚きと喜びの声、ため息などが聞こえていました。開始早々借金を背負い、最後まで返済できなかった人には、「また来年参加して借金を返済して下さい」と、来年の参加を約束していただきました。

 今回初めて参加された方からも、「1日楽しませてもらいました」とうれしいお言葉をいただき、笑い声の絶えないとても楽しいサロンとなりました。

12月のいきいきサロン

 12月のいきいきサロンは、毎年恒例の『干支の置物』と『クリスマスケーキ』作りに挑戦しました。

 干支の置物は、厚紙に印刷された絵柄を切り取りのり付けしながら組み立てていく物で、平成31年の干支「亥(いのしし)」を作成しました。

 簡単そうに見えて、難しい作業が満載の置物作り。のり付けする部分を、線に沿ってギザギザに細かく切り取ったり、「こっちがつけばこっちがはがれる」と、のり付け作業にも悪銭している様子でした。

 細かい作業に、ため息が出たり、目や肩が疲れてきたと体を伸ばしたりしながらも、皆さんなんとか完成させ、「綺麗な方を見せて置いとくわ」、「はみ出した部分あとで切ればいいんだ」と、ちょっと知恵を働かせ、皆さんの笑いを誘う場面もありました。

 うまくいかずに投げ出しそうになりながらも、一生懸命作業に取り組み、完成させた時の嬉しそうな表情がとても印象的でした。

 

 午後は皆さんお待ちかねの「クリスマスケーキ」作り。ひと足先にクリスマス気分を満喫です。

 午前中の干支の置物作りの時とは表情が一変。楽しそうに、嬉しそうに、ケーキ作りに取り組んでいました。

 今年はスポンジケーキのサイズを少し大きくし、たくさんのイチゴ、クリームたっぷりのケーキができあがり、持参したサンタやツリーの飾り、チョコレートなどでさらに豪華なケーキに仕上げていました。

 「ケーキを作ったら友達にあげる約束をしてるんだ」、「仏さんあげてから」と言った声が聞こえ、皆さんそれぞれ、いろいろな思いを込めたケーキとなったようです。

 毎月実施しているいきいきサロンでは、新年も様々な内容で皆さんに楽しんでいただきたいと思います。ぜひ一度、参加してみてはいかがですか?

11月のいきいきサロン

 11月のいきいきサロンは、『手芸教室』と『健康教室』を開催しました。

 午前中の『手芸教室』では、布を使った「お花づくり」に挑戦しました。

 直径8センチの円形に切り取った5枚の布を、ギャザーを寄せるように縫い合わせてつなぎ、中央にボタンやビーズなどで飾り付けをします。

 花びらや花全体の形がうまく整わなかったりしながらも、同じサイズの布を、同じ方法で縫っていくという、単純な作業にすぐに慣れ、2つ3つと作る方もいました。

 布の色や柄、中央を飾るボタンやビーズの使い方で、様々な表情のお花がたくさんできました。

 続いては、フェルトを使ったお花づくり。

 こちらは、4センチ×18センチに切ったフェルトを使い、切って巻くだけの簡単なものですが、切り目を入れる場所を間違ってしまったり、うまく巻くことが出来ずに悪戦苦闘した場面もありました。

 それでも皆さん、赤やピンクなどお好みの色のフェルトを選び、色とりどりのかわいいお花を完成させ、できあがったお花を嬉しそうに見つめていました。

 午後からは、『健康教室』を開催し、函館市が制作した「はこだて賛歌de若返り体操」で、元気に体を動かしました。

 この体操は、いつまでも元気でいきいきとした生活を送るため、無理なく楽しく体を動かすことができる、介護予防体操です。

 はこだて賛歌にあわせて様々な動きが組まれていて、皆さんも汗をかきながら体を動かし、リフレッシュした様子でした。

 今回のいきいきサロンは全地区合同で開催し、普段一緒にならない人との交流も楽しみ、皆さん和気あいあいと、笑顔の絶えないサロンとなりました。

 これから寒さが増してきますが、元気にお過ごしください!

10月のいきいきサロン

 10月のいきいきサロンは、『秋の遠足』に出かけました。

 今回の行き先は「はこだてみらい館」と「湯の浜ホテル」です。

 「はこだてみらい館」は、函館駅前のワコーデパート跡地に建てられた、『キラリス函館』の中にあり、先端的な技術を取り入れた映像や物作り体験を楽しむ事ができる施設です。

 初めに出迎えてくれたのは、人の動きや表情などを認識し、顔の部分に函館名所のかぶり物を映し出したり、早送りや巻き戻しを繰り返す画面で、皆さんも手を振りながら早速楽しんでいました。

 続いては、縦2メートル横14メートルを超える、国内最大級の巨大な画面。様々な映像が映し出され、画面に向かって腕を回したりパンチをして得点を競うゲームなども楽しむ事ができました。

また、画面の端から動物たちが、実際のスピードで走り抜けて行く様子を、楽しみながら見ていました。

 その他にも、床に空から撮影した五稜郭公園の映像を映し出し、空中散歩体験ができたり、3Dメガネで飛び出す映像を楽しむ事ができたりと、盛りだくさんの内容で、皆さんは歓声を上げながら楽しんでいました。

 見学の後は施設内にあるお店で、お土産などの買い物を楽しみました。

 「湯の浜ホテル」へ。

 皆さんでおなかいっぱい美味しい昼食を堪能し、温泉入浴やおしゃべり、売店でのお土産探しなど、思い思いに過ごしました。

 両日とも天候に恵まれ、仲間と出かけた楽しい一日。「もう帰るの?恵山周りで帰らない?」と最後は少し名残惜しかったですね。また皆さんで楽しく出かけましょう!

 

 

9月のいきいきサロン

 9月のいきいきサロンは、地域の小学校を訪問し、『世代間交流事業』を開催しました。

 この『世代間交流事業』は、高齢者と子ども達のふれあいを通して、世代間のつながりや地域とのつながりを深めるきっかけになればと、毎年実施しています。

 学校に到着すると、昨年や今年の5月に交流した子供たちと再会を喜び、お互いに声を掛け合う姿がありました。少し照れながらの自己紹介している子ども達の姿をほほえましく見つめていました。

 自己紹介の後は、団体戦ゲーム『ピンポン球リレー』を実施。スプーンを使ってピンポン球を隣の人へ渡していくという、2チーム対抗戦です。何度かやった事がある参加者の皆さんは、初めて挑戦する子ども達に、上手にたくさん運べるよう、コツを教えてあげながら、全員が勝利を目指して一生懸命に取り組んでいました。

  ゲームの後は、『似顔絵作成』を行い、社会福祉協議会で毎年作成しているカレンダーに掲載する似顔絵を、児童の皆さんに描いてもらいました。

 自分が担当する参加者さんと向き合い、少し恥ずかしそうにしながらも、積極的に住所や名前を聞き、いろいろなお話をしながら、楽しそうに似顔絵を描いていました。

 

 参加者の皆さんも、アドバイスをしながら、「あまり、しわは描かないで」と、子ども達を笑わせ、リラックスさせながら、楽しい時間を過ごしていました。

何度か交流を重ねて行く中で、まだ幼かった子ども達が成長し、立派になっていく姿を見ることができ、参加者の皆さんはとても嬉しそうでした。

 このような世代間交流を今後も継続し、たくさんのつながりを築いていけたらと思います。

8月のいきいきサロン

8月のいきいきサロンは、『真夏の大運動会』を開催し、

夏の暑さに負けず、皆さんで元気に体を動かしました。

 3人ひと組のチームで、競技は4種目(ディスゲッター・スカットボール・カローリング・輪投げ)です。

それぞれの競技を2チームの対抗戦で競い合い、総得点で順位を競い合いました。

●ディスゲッター・・・9枚の的をフリスビーで射貫く。5投して、的を射貫いた点数を合計する。3回プレイした合計点数で競います。

 たくさん的を射貫いて高得点を出す人や、違う方向へ飛ばして、笑いを誘う人もいました。

●スカッドボール・・・スティックでボールを打ち、台の穴に入れる。3玉打ち、入った穴の得点を合計する。3回プレイした合計点数で競います。

 ボールがいいところに行っても、穴に嫌われ得点できずに悔しがる姿も見られました。

●カローリング・・・車輪のついたストーンを転がし、的を狙う。3台投げ、的入った数字の合計が得点。3回プレイした合計点数で競います。

 力加減が難しく、的を通り越してしまったり、逆に届かなかったりと、そんな中、みごと中心にストーンを入れ拍手が起きた場面もありました。

●輪投げ・・・台についた棒を綱でできた輪で狙う。3輪投げ、入った数字の合計が得点。3回プレイした合計点数で競います。

 思い通りの所にいかずに残念がったり、連続高得点に入って大喜びしたりと各チームで応援にも力が入って大いに盛り上がりました。

 各チームの総合得点の順位の結果は、最後のお楽しみです。

午後からの、カラオケ大会では皆さん自慢の歌声で、熱唱をしていただき、拍手や歓声が上がり、思わずステップを踏み踊り出したりと、大いに楽しみました。

 そして、お待ちかねのチームの順位発表です!自分たちの順位がわかるたびに、歓声やため息が溢れてました。

1位・2位・3位までのチームは、ささやかですが個別に賞品をお渡ししました。

1位の皆さんおめでとうございます。

2位・3位の皆さんおめでとうございます。

皆さん元気に、活気に満ちた笑い声の絶えない、いきいきサロンとなりました。

競技の途中でも、こまめに水分補給をしていただきました。これから、少しずつ涼しくなりますが、水分補給を忘れずに、体調管理をしていただきたいです。

7月のいきいきサロン

 7月のいきいきサロンは、12日、13日に『料理教室』と『手先の運動』でした。

 『料理教室』は、夏バテ防止によいとされている食材などを使って、夏にぴったりの料理作りに挑戦しました。

 暑い時期には食欲が落ち気味になりますが、そんな時でもさっぱりと、そしてしっかりと食べられる献立にしました。

 レシピを見ながら、手際よく作業を進め、ベテランの技と味覚で、とても美味しいお料理4品が出来上がりました。

完成したお料理をお昼にいただくと、「おいしいねー」とうれしそうな表情をうかべていました。また普段ひとりで暮らしで、たくさんの料理を作ることも少なくなった方も、大勢でたくさんの料理作ったりと楽しさを感じたようでした。「家でも作ってみるわ」と話も弾んでいました。

 午後からは、「手先の運動」です。まず、指の運動でウォーミングアップをしてから、手先を使ったゲームに挑戦しました。

 家にあるペットボトルキャップ・牛乳パック・洗濯ばさみなどを使ったゲームです。簡単そうに見えてバランスを取るのが、なかなかむずかしく、皆さん集中して取り組んでいました。

最後は、団体戦ゲームを行い、洗濯ばさみをタオルに挟んで、次の人へ渡す競争をしました。

競争となると皆さん負けじと必死に戦い、応援したりと大盛り上がりの楽しい、いきいきサロンとなりました。